Latest Posts

更年期障害の一般的な改善方法

更年期障害は、加齢により卵巣機能が低下し卵巣から分泌されるエストロゲン量が減り、脳の視床下部にある自律神経に影響を及ぼし自律神経失調症となります。
更年期障害の症状はのぼせ、発汗、月経異常、憂鬱、イライラなどがあります。治療にはホルモン補充療法があります。その他の改善方法としてサプリも有効とされています。女性ホルモンと似た作用がある大豆イソフラボン、ポリフェノール、ザクロ、精神的症状に効果のあるビタミンB1、骨量低下予防にビタミンD、リラックス効果のあるギャバなどが知られています。各社からいろいろな成分が混合されたサプリが発売されています(おすすめの専門サイトです >>更年期サプリ エクオール – 更年期障害症状改善サプリなら)。更年期障害の症状はそれぞれ違いますので、自分が強く感じる症状の改善にあわせて選択しましょう。

エクオールをつくる腸内細菌とは

エクオールは女性の更年期障害による症状を軽くし、骨粗しょう症の発生率を抑えるなど、女性の体にとって良い働きをします。この物質は、大豆イソフラボンから腸内細菌によって作られることがわかっていて、女性ホルモンであるエストロゲンに良く似た働きをします。このような作用を持つ細菌は、乳酸菌の一種など、約15種類が報告されています。
大豆を良く食べる習慣のある地域ではエクオールを作る細菌を腸内に持つ人の割合が高く、日本人もその中に含まれますが、腸内細菌の種類や比率というのは人それぞれ個性があり、また体調によっても変わるものです。体内で作ることができない人や生産量が少ない人のため、エクオールを含有するサプリメントが市販されています。このようなサプリメントからの摂取によって体内生産と同等の作用が期待されます。

更年期障害と消化器との関係

更年期障害には様々な症状が現れますが、中には消化器に問題が出る場合があります。
胃や腸の機能は自律神経の働きが大きく関わってくるものですので、更年期障害によってホルモンバランスが今までと変化していく過程で自律神経のバランスが乱れてしまうと胃や腸に悪影響を与えることとなるのです。
また生理前後に下痢や便秘、悪心などを起こしていたというような方は、もともと、ホルモンバランスに胃腸が影響を受けやすいタイプであるため、更年期時にもそうした症状が現れやすいといえます。
このような更年期障害による消化器の不調にはサプリメントで対策をとることがおすすめです。
ホルモンバランスを整える作用のあるサプリメントのほか、お腹の中の善玉菌を増やすような作用のあるものをとるようにするとよいでしょう。

更年期の症状?いつもイライラしてしまう

女性は閉経の時期を迎えると更年期障害の諸症状が現れるようになります。
更年期の症状は一つではなく様々な形となって出てくるので、自分では対処できずにまいってしまうこともあります。発汗やのぼせといった体に起こる変化なら、ある程度対処することができます。しかし、イライラ等の精神面に起こる変化は対処の仕方が難しいでしょう。わけも分からずにイライラしてしまうとお悩みの方は、サプリメントを使って和らげましょう。更年期障害の緩和に役立つサプリメントと言えば、イソフラボンを配合したタイプが人気です。大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあるため、急激に起こる体の変化に対応するために有効な成分と言えるでしょう。

女性の更年期と夫婦関係

年齢を重ねると、避けて通れないのが更年期です。それは卵巣の機能の低下により、ホルモンバランスが変化することでおこるので、ごく自然なことなのです。一般的には40歳頃から、卵巣からの女性ホルモンが急激に減少していきますので、このころから心身の不調を訴える方が増えます。症状はのぼせ、ほてった感じ、うつ状態、イライラ感、焦燥感、めまい、動機などがあげられます。この更年期による心身の不調を男性に理解してもらえないと、女性はさらにイライラしてしまい喧嘩になり、夫婦関係が悪くなることもあります。夫の理解も必要ですが、現在では更年期症状を緩和させ、自律神経のバランスを整えてくれるサプリも発売されていますので、症状がつらい方はサプリに頼るのもよいでしょう。

エクオールを増やすために食べたい食材

女性ホルモンと似た働きで女性の体に良いと、エクオールが注目されています。腸内細菌によって大豆イソフラボンから作られる物質なのですが、人によってこの作用を持つ細菌を腸内に持つかどうかや、その生産性には大きな違いがあります。体内でエクオールを作れない人、少量しか作れない人のため、サプリメントが市販されています。
腸内にエクオールを作る細菌がいて、それが少ないために十分な量ができないなら、この細菌を増やすことができればサプリメントを摂る量を減らせます。ではこのような細菌を増やすために食べたい食材とは何でしょうか。
これらを含め、腸内の善玉菌といわれる細菌の好物は水溶性食物繊維です。様々な食材の中で、飛びぬけて含有量が多いのがエシャロットです。また、かんぴょうや抹茶の粉、とうがらしやにんにくにも多く含まれますが、日常的に量を食べやすい食材としては、ごぼう、納豆などがあります。腸内細菌は体調によってもその構成比が変わりますから、これらの食材を食べると共に、体調管理に気をつけて善玉菌を増やしていきましょう。

女性の更年期とスキンケア

女性は40代後半あたりから更年期の症状を起こす事があります。
意味もなくイライラしたり、めまいやほてりを感じたりというように日々の生活に支障をきたすような事もあります。
また美容においてもトラブルが発生する場合があります。
そもそも更年期障害はホルモンバランスの問題で起こりますが、女性ホルモンが一定量分泌されていなければ代謝機能が低下して老廃物が溜まってしまいます。
その為肌荒れとなって顔に現れる可能性があるというわけです。
身体の内部からきている症状なのでスキンケアだけでは対応出来ません。
ますはホルモンを安定させるために、漢方のサプリやプラセンタのサプリなどを積極的に摂取して身体の安定を図りましょう。

代謝を上げるダイエットサプリメント

いつもダイエットに失敗してしまう人は、いきなり激しい運動を始めたり食事の量を抑えたりして、長く続かない事が原因ではありませんか。そんな人におすすめなのが代謝を上げてくれるサプリメントです。大豆ペプチドが入ったサプリメントはエネルギー消費をアップさせてくれる働きがあるので、摂取しているだけで消費カロリーを上げる事が出来ます。数年前に話題となったLカルニチンとαリポ酸は同時接種する事で脂肪を燃焼しやすくしてくれます。更に運動を加える事によってより効果が表れる、本気でダイエットを考えている人にはおすすめです。これらのサプリメントはドラッグストアなどで簡単に購入す売る事が出来るので、興味があるものから試してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2015 神崎日記 All Rights Reserved.